マイナンバーカード対応で安くてe-Taxに使えるICカードリーダ

翻訳者の確定申告

2021年となり、2020年(令和2年)分の確定申告の時期がやってきました。

今年度からの変更点として、基礎控除が10万円引き上げられた代わりに、今までどおりの65万円分の青色申告特別控除を受ける要件として、電子帳簿保存またはe-Taxが課されるようになりました(満たさない場合は55万円 or 10万円)。

そんなわけで、フリーランス翻訳者の私は、これまで国税庁の「確定申告書作成コーナー」で申告書を作成して郵送していましたが、今年からe-Taxに挑戦します(電子帳簿保存は意外と面倒なので)。

準備を進めていたら、PCで申告する場合には、マイナンバーカードと、マイナンバーカード対応のICカードリーダがあると便利なことがわかりました。

マイナンバーカード対応のAndroidスマホとBluetooth付きのPCでも申告できるという情報があり、「それならカードリーダが要らない」と思ったのですが、e-Taxのページの説明内容が古くてわかりにくく、どうしてよいかわかりません。
悩むくらいならICカードリーダを買ったほうが早いと思い、結局諦めました。
以前使えたアプリがサービス終了したりとかで、どうやら2021年3月末頃からまた対応できるようになるようです。ただ、準備が面倒で、カードの読み取りは何度も必要になるため、ICカードリーダのご購入をお勧めします。

マイナンバーカード対応のICカードリーダ

マイナンバーカード対応のICカードリーダを買おうと思って Amazon をチェックしたら、「使えなかった」という評価がついている怪しい商品がたくさんヒットします。

なるべく安く入手したい! でも、使えないのでは意味がありません

かといって、ソニーや NTTコミュニケーションズなどのブランド物は値段が高めです。

サクラチェッカーで調べると、やはり、売れ筋でも安い製品は怪しいものが目立ちます。
ところが、よく見ると、低価格なのにサクラ度が0%で安価な商品が1つ見つかりました。

SCM Microsystems というブランドの SCR3310/v2.0 という製品で、知らない名前でしたが、商品説明には「NTT-Com SCR3310のOEM元」とあります。
どうりで、NTTコミュニケーションズのリーダと同型なわけです。

しかし価格はNTTコミュニケーションズの半額以下

安すぎて逆に怪しいと思いましたが、さらに調べると、マイナンバーカード対応のICカードリーダは、公的サイトのこちらのページでリストされていました。

こちらの一覧にも、SCR3310v2.0 はきちんと掲載されています(「アイデンティブ(株)」がSCM Microsystemsブランドのメーカーです)。

そこで安心し、ポチッと購入したわけですが、実際に使ってみて、この製品はちゃんと使えるものの、少しだけ注意が必要です。

SCR3310をマイナンバーカードに使用する際の注意点

この製品はマイナンバーカード方式のe-Taxにちゃんと使えましたが、以下の 3 点に注意が必要です。

  1. 正しいドライバをインストールすること
  2. カードを挿入する向きに注意すること
  3. インストール後に再起動すること

最新の正しいドライバをインストールすること

SCR3310 のドライバはネットで入手できますが、NTTのドライバと間違えないようご注意ください。
SCM Microsystems のドライバはこちらのページで入手できます。

私は、「SCR3310v2.0用ドライバー」のWindows用ドライバ(V4.65)を使用しました。

※後で気づいたのですが、こちらの英語ページでは、Windows 10 用の最新ドライバ(v4.67)を入手できます。どちらも使えますが、こちらは Device Guard に対応しているとのこと。

カードを挿入する向きに注意すること

この商品には説明書がありませんが、マイナンバーカードを挿入する際は、
金色のICチップ面が上(写真面が下)ですので、お間違えの無いように。

インストール後に再起動すること

ここまでやって実際にe-Taxソフトで使用したところ、マイナンバーカードが認識されません

ちょっと焦りましたが、PCを再起動したら無事にすんなり認識されました。

同じ状況の方は、再起動をお試しください。

タイトルとURLをコピーしました