e-Taxに初挑戦して思ったこと。家内労働者の特例が扱いにくい…

翻訳者の確定申告

令和 2 年度の確定申告から、青色申告特別控除で 65 万円の控除を受ける要件が変わります。

詳細 令和2年分の確定申告の変更に備えて今から準備すべきこと

そこで私はマイナンバーカードを取得し(ちゃっかりマイナポイントもゲットし)、今年こそはと e-Tax に挑戦することにしました。

私は家内労働者の特例を使用しているのですが、会計ソフトがこれに対応していないため、これまでは国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用して一部手書きを加え、郵送で提出していました(確定申告書等作成コーナーでも家内労働者の特例は完全対応しておらず、e-Tax できません)。

詳細 フリーランス在宅翻訳者に家内労働者の特例は適用されるか?

家内労働者の特例を利用して e-Tax で申告するにはどうすればいいのかと調べていたところ、国税庁で配布している e-Tax ソフトは家内労働者の特例に対応しているとのこと。

しかし e-Tax ソフトを使ってみたところ、わかりにくい。。

確定申告書等作成コーナーのように質問に回答していけば必要書類がそろうものではなく、e-Tax ソフトでは自分で必要書類を指定し、計算して、どこに何を記入すべきかを考えないといけません。
紙で行う申告がただ電子化されただけです。しかも、書類の細かい文字は印刷しないと読めません(老眼でもないのに)。

とりあえずなんとか申告書を作成したものの、昨年度とは様式も変わっていて、正しい自信が持てません。そこで、確定申告書等作成コーナーでも参照用に仮の申告書を作成し、チェックすることにしたところ、案の上、不足書類や入力ミスがいくつも見つかりました。。

結局、会計ソフトで青色申告決算書を作成し、同じ内容を e-Tax ソフトで入力し、確定申告書は 2 とおりの方法で作成するという、非常に回りくどく手間のかかる作業になってしまいました。

来年からはもう少しスムーズにできると思いますが、結構疲れます。55 万円の家内労働者特例を受けないことは考えられませんが、青色申告特別控除が 65 万円でなく 55 万円になったとしても昨年同様に郵送すればよかったかな、と思ったほどです。

家内労働者の特例に対応して e-Tax で申告できる青色申告ソフトがあれば、この苦労はすべて不要になるはずです。大手のいくつかは対応していないという情報が見つかりましたが、最新版は不明です。
ご存じの方は、教えていただけると幸いです。

なお、e-Tax には以下記事で紹介している IC カードリーダがお勧めです。

参考 マイナンバーカード対応で安くてe-Taxに使えるICカードリーダ

追記:e-Tax ソフトで家内労働者の特例を受ける方法の手続きは、以下のページが参考になります。作成後に気づきましたが、ありがたい情報です。

家内労働者の特例を電子申告で受ける方法 | 酒屋就一税理士事務所
家内労働者の特例は確定申告書作成コーナーでは作成も送信もできません(2020年6月時点)。 Q&Aには「手書きにより作成してください」とありますが、電子申告する方法がありますのでご紹介します
タイトルとURLをコピーしました