翻訳に役立つツール

【フリーランス翻訳者のスケジュール管理】複数の取引先に公開できるGoogleカレンダーの使い方

翻訳者の皆さんはどのようにしてスケジュール管理を行っているのでしょうか。 私は Google カレンダーを使用しています。そして、複数の取引先がいつでも確認できるようにカスタマイズして公開しています。もちろん、個人情報や機密情報は...
翻訳の仕事

フリーランス翻訳者の年収

フリーランス翻訳者の年収はピンキリです。翻訳者にも出版翻訳から映像翻訳までいろいろなタイプがあり、特に横のつながりもないため、ブラックボックスです。ここでは、私がある程度かかわりのある、英日の産業翻訳に限定して紹介したいと思います。 ...
翻訳者になるには

翻訳者に求められる PC スキル

翻訳者に必要なのは英語力だけではない、ということは前の記事で書きました。翻訳の仕事にはパソコンが欠かせないため、PC スキルも当然必要になってきます。翻訳分野によって IT 化の進展具合はさまざまですが、 ここでは私の翻訳環境において要求さ...
翻訳者になるには

英語力だけでは翻訳者にはなれない

英語ができれば翻訳もできる、翻訳者は英語さえできればなれる、というのは非常によくある誤解です。とはいえ、翻訳者にとって英語力は不可欠です。 翻訳者に必要な英語力 英語で書かれた文章を正確に理解する必要があるため、一般的に、TOE...
翻訳者の確定申告

フリーランスで事業所得+給与所得は節税になるか

青色申告を利用している個人事業主は、最大65万円の青色申告特別控除を受けることができます。一方、給与所得者は、給与の収入金額に応じて65万円以上の給与所得を受けることができます。それでは、個人事業主がバイトや派遣で給与を得た場合はどうなるの...
翻訳者の確定申告

フリーランス翻訳者の確定申告(還付申告)は1月1日から可能

所得税の確定申告期間は、通常、2月半ば~3月半ばです。しかし、フリーランス翻訳者はそれより早く申告できるかもしれません。 フリーランス翻訳者は還付申告 フリーランス翻訳者にとって、確定申告の還付金はボーナスのようなものです。翻訳会社から...
翻訳者の確定申告

フリーランス在宅翻訳者の厳しい住宅ローン事情

自営業者は給与所得者と比べ、信用がありません。住宅ローンを組むときには、金融機関にもよりますが、3年以上事業を継続している必要があるなど、いろいろと制約があります。私の場合は共働きの妻の給与収入がそれなりにあったため何とかなりましたが、多く...
翻訳者の確定申告

フリーランス在宅翻訳者に家内労働者の特例は適用されるか?

「家内労働者等の必要経費の特例」というものがあり、実際にかかった経費の額が65万円未満のときであっても、収入から差し引く経費を65万円と見なして所得の計算を行うことができます。 翻訳の仕事はあまり経費がかかりません。経費で比較的大きい...
翻訳者の確定申告

フリーランス翻訳者の節税法:収入から200万円以上を差し引く方法

収入から経費を差し引いた所得金額から各種控除金額を差し引くと、課税所得が計算されます。あまり知られていないのですが、フリーランス翻訳者は、合法的な手段で収入から200万円以上を差し引くことができます。200万円の内訳は以下のとおりです。 ...
翻訳者の確定申告

フリーランス翻訳者が確定申告書を作成する3つの方法【税理士・会計ソフト・作成コーナー】

フリーランス翻訳者は、ほとんどの場合、確定申告を行う必要があります。青色申告と白色申告があり、どちらも帳簿を付ける必要がありますが、せっかくなら青色申告を利用した方が多くのメリットが受けられます。 それでは、青色申告の税務を行うにはど...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました